ストレスに強い教員 育成は自己肯定感が大切(細谷美明)

教育新聞論説委員 細谷 美明


本来の業務以外でストレスが多い
昨年6月に続き、OECD(経済協力開発機構)による国際教員指導環境調査(TALIS)の2018年調査の(第2次)が3月23日に公表された。本紙でも3月30日号において詳細が報道されている。

今回は、「教員のフィードバック」と「教員・校長のストレス」に焦点を当てた調査結果の報告となっている。この中で「教員のストレス」について、「事務的な業務が多すぎること」が参加国平均46.1%(中学校のみ参加)に対し、日本の中学校が52.5%、小学校が61.9%。さらに「保護者の懸念に対処すること」が参加国平均32.0%に対し日本の中学校が43.5%、小学校が47.6%とそれぞれ高い数値を示している。

「校長のストレス」についても同様の傾向が見られる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。