感染症との闘い 教育で後世に何を伝えるか(工藤文三)

教育新聞論説委員 工藤 文三


全世代が直面する事態に
今年に入って中国の武漢市から始まった新型コロナウイルス感染症は、その後世界各国に広がりパンデミック(世界的大流行)の状況となり深刻な事態に発展した。

日本においても4月7日に7都府県を対象に緊急事態宣言が発出され、4月16日には全国に拡大された。日々の報道を通じて、日本各地、世界各国の感染状況や対策の様子が間断なく流されている。学校は休校になるとともに在宅勤務が増え、外出の自粛が行われている。

私たちの世代は、東日本大震災とそれに伴う原発事故という取り返しのつかない経験をした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。