学校再開のスタートカリキュラム 全学年で作成して実施を(寺崎千秋)

教育新聞論説委員 寺崎 千秋

再開にはこれまでにない相当な配慮が
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴って休校している学校はいつ再開できるのか。再開したとしても一気にはできまい。曜日や学年、時間を限るなどの部分再開になるとも予想される。学校の教育活動再開、新年度、新学期の出発には、これまでにない相当な配慮が必要となろう。そこで「スタートカリキュラム」(以下「スタカリ」と表記)を1年生だけでなく全学年で作成し実施することを求めたい。

スタカリは、新1年生が学校になじめるようにすることを目指し、全ての小学校で取り組むことになっている。3月、4月、場合によっては5月の数カ月分の教育活動の遅れをどのように取り戻すのか、新たに始めていくのか。そのための時間をどのように確保するのか。チーム学校として全員が歩調を合わせ一つになって取り組むよう、学年ごとにスタカリを作成する。その際、以下の点に配慮しよう。
まず子供の声に耳を傾ける
第一に配慮すべきは子供たちの心の面である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。