9月入学 教育課程の編成から考える(松田孝)

合同会社MAZDA Incredible Lab CEO・東京都小金井市立前原小学校前校長 松田 孝

卒業ソングが変わる?
コロナ禍にあって、9月入学がバズワードになっている。自動車を運転しながらFMラジオを聞いていたら、番組のパーソナリティーが「卒業といえば、春、桜のイメージだったけれど、残暑、ヒグラシのイメージに変わるのか。どんなJ-POPが生まれてくるのか楽しみ」と語っていたのを聞いて、一瞬面白いと感じたけれどすぐに「違う」と思った。
猛暑の卒業式?
現行学校制度では、多くの地域で3月の中下旬に卒業式、そして4月の初旬に入学式が行われる。春季休業は長くて2週間だ。しかし9月入学となれば、その直前には夏季の長期休業があり、現行制度をそのままに半年間スライドさせれば、卒業式は7月の中下旬の実施となる。その季節感は東京ならば、梅雨明け、盛夏、ヒマワリ、サルスベリ、アブラゼミなどが思い浮かぶ。

私が校長職最後の年(2018年)の1学期の終業式(7月25日)は、猛暑の影響から体育館で実施できなかった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。