オンライン授業 求められる対面授業の改革(斎藤剛史)

教育ジャーナリスト 斎藤 剛史


新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための休校が長引いている。恐らく、多くの学校が5月末までは休校を強いられるだろう。いや、もっと長くなる可能性もある。オンラインによる遠隔授業の導入は、新型ウイルスが収束するかしないかにかかわらず、もう不可避だ。これによって学校の在り方自体が変わるかもしれない。今後、学校や教員が考えるべきことは何か。
かつての学校はもう戻ってこない
東日本大震災の際、復興という言葉の意味が議論された。それによると、完全に元に戻るのは「復旧」であり、「復興」は全く別の新しい世界を目指すことだという。現在、学校関係者の多くは、新型ウイルスの収束による「復旧」を願っているのではないか。

しかし、新型ウイルスの感染拡大が収まった、あるいは治療薬が開発されとしても、新型ウイルスの脅威が終わるわけではない。感染拡大はまたいつ起こるか分からないし、治療薬は感染症の重症化を防ぐものにすぎないからだ。有効なワクチンが開発されない限り(ただし、ウイルスは変異してワクチン耐性を持つ)、学校が再開されたとしても、新型コロナウイルスの脅威は残る。つまり学校は、新型ウイルス感染のリスク軽減に向けた努力をこれからも求められることに変わりはない。

加えて、社会や保護者の意識も完全に変わってしまった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。