学びを止めるな 9月入学検討「今ではない」(中原淳)

立教大学教授 中原 淳


新入学と新学期を2020年9月に変更する、いわゆる「9月入学の導入」について、社会全体の注目が高まっている。東京都の小池百合子知事は導入を支持しており、萩生田光一文科相も「一つの大きな解決策の方法として考えていきたい」と答弁した。「これを機会に入学時期をグローバルスタンダードに合わせるべきだ」とか「グローバル化を進める格好の機会だ」という経済界の声もある。

とりわけ産業のグローバル化に伴う教育・学習の革新の必要性は、筆者も賛同するところが多い。しかし、それを理由に緊急事態下で9月入学制度を導入しようという動きには、筆者は反対である。

筆者は、この緊急事態下で最も重視するべきことは、アナログ、デジタルを問わず、「子供と早期に関わりをもつこと」「子供の生活リズムをケアすること」「学びを止めないこと」「子供たち同士のつながりを復活させること」「子供の心をケアすること」であると考える。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。