休校中もできることを 主体性が試される大人(妹尾昌俊)

教育研究家、学校業務改善アドバイザー 妹尾 昌俊


あなたは事なかれ主義ではないか
「新型コロナウイルスの感染が拡大する中、なんでも禁止、やらないというほうが楽は楽だが、それでいいとは、私は思わない」。ある公立中学校の校長から聞いた話だ。

十把ひとからげに論じるのは乱暴だが、これだけ新型コロナウイルスの影響が大きくなる中、校長あるいは教育長らの意思とリーダーシップによって、各地の対応が大きく変わっているようにも見える。例えば、広島県では、県と市町が連携して、小中高などでGoogleの教育支援サービスを活用し、休校中でも子供たちの学びをサポートしている。ある校長は、タブレットなどがない生徒のために、企業、NPOに提供してもらえないか交渉している。

もちろん、各地の予算や家庭状況などにも影響を受ける話ではある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。