オンライン化と教育格差は別問題(鈴木崇弘)

城西国際大学大学院研究科長・特任教授 鈴木 崇弘

大きな疑問
学校再開も含めさまざまな動きが出ているが、現在のような状況においては、オンライン授業の普及は特に重要なテーマの1つだ。文科省もGIGAスクール構想を進めているが、他方ではWi-Fi環境のばらつき、デジタル化に関する教員の能力格差など、多くの問題も生まれている。

「全校一斉に対応できない」「教育格差が生まれる」「教育の平等性が失われる」などの観点から、オンライン授業の導入がストップされたり、進んでいなかったりする事態もあるようだ。

筆者自身、デジタル分野が得意ではないし、オンライン授業導入のため、日々の学習やスキル磨きに悪戦苦闘している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。