授業再開と指導計画 「生きる力」への工夫(工藤文三)

教育新聞論説委員 工藤 文三



3月以降、全国の学校が臨時休校に入り、その後5月末まで休校を延長する地域や連休明けから授業を再開している地域もみられる。

いずれにしても授業再開後は、3月の休業中の学習および4月以降取り扱うべき内容の学習からスタートする。授業の実施に当たっては、感染リスクを避けるさまざまな工夫や子供たちの心のケア、家庭との緊密な連絡など配慮すべきことが多い。以下では、これらの条件を踏まえながら、教育課程の編成・実施と指導計画の作成の工夫について考えてみたい。
教育課程編成・実施の方針の確認
年度替わりに際して人事異動があり、新しい校内体制で取り組みがスタートしている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。