9月入学 デメリットは少ないのではないか(藤川大祐)

千葉大学教育学部教授 藤川 大祐

イメージがばらばらな議論
新型コロナウイルス感染症の国内での感染がようやく落ち着きを見せ、休校措置が取られていた小中高校などで学校再開が進んでいる。とはいえ、今後も感染第2波、第3波の発生が考えられており、予断は許されない。

休校が長期化した中で、一部の都道府県知事などが「9月入学」制の導入を主張しており、本紙電子版5月8日付などでも報じられているように、文科省や政府与党でも検討が進んでいる。他方で、非常に大きな改革となることから、一部知事や有識者、PTA、校長会などは慎重姿勢をとっている。

このように注目されている「9月入学」論であるが、議論がかみ合っていないように思われる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。