GIGAスクール構想 何のための「前倒し」か(渡辺敦司)

教育ジャーナリスト 渡辺 敦司


政府の2020年度補正予算案に、1人1台端末の整備などを掲げる「GIGAスクール構想」関連として2292億円が計上された。これにより当初予定(23年度まで)を大幅に前倒しし、今年度中の小中学校100%実現を可能な限り目指すという。この異例とも思える展開を、どう受け止めるべきだろうか。
予算化遅れた責任は
背景に、新型コロナウイルス感染症に伴う休校続きがあることは言うまでもない。昨年度末と合わせると約2カ月間、教育活動が停止している学校が少なくない中、オンライン学習で授業を補おうとする教育委員会や学校の存在がクローズアップされてきた。

改めて顕在化したのが、ICT(情報通信技術)環境整備の学校・自治体間格差だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。