履修を急ぐな 分散登校は慣らし運転から始めよう(中原淳)

立教大学教授 中原 淳



全国で緊急事態宣言が解除され、各地の学校では分散登校からの学校再開が進んでいる。恐らく多くの教員が、3月初頭から始まった休校期間によって生じている「授業の遅れ」を取り戻すために、夏休みを短縮するなどの授業計画を立てていることと思う。校内の消毒作業や、教室環境の整備など、本当に大変な作業を進めておられると思う。1人の親として心より感謝する。

しかし一方で、学校再開後の子供たちの様子を考えるとき、これまでの長期休み明けとは状況が全く違うということを留意しておきたい。履修を急げば、子供たちと学校との間の溝をさらに深めることにつながるリスクがあると筆者は考えている。
コロナ休校が子供の心に及ぼした影響
恐らく、今、子供たちの心には「不安」と「虚無感」がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。