学校再開 教員のバーンアウトも心配だ(妹尾昌俊)

教育研究家、学校業務改善アドバイザー 妹尾 昌俊


元気に見えても安心はできない
全国的に学校が再開してきている。分散登校などが続き、本格スタートと言い難い地域も少なくないとはいえ、約3カ月ぶりに子供たちに会えて、授業もできて、先生たちにも笑顔が戻っている学校も多いのではないだろうか。やはり、教師は、子供たちがいてこそ元気になる、と実感された方も多いと思う。

一方で、私は、子供たちと先生のメンタルヘルスも心配だ。「子供は気持ちをうまく表現できず、ストレス解消法も知らない。ニコニコしていても、抑うつ状態にある可能性がある」、「経験したことのない事態に遭遇すれば、誰もが緊張し、ストレスを感じる。教員のメンタルにも気を配る必要がある」という専門家の指摘もある(和久田学・子どもの発達科学研究所主席研究員、産経新聞2020年6月1日夕刊大阪版)。
教師のメンタルヘルスが心配な5つの理由
本稿では、教員の心理的負担について注目する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。