再開後の課題 学校は楽しくなければならない(斎藤剛史)

教育ジャーナリスト 斎藤 剛史



政府の緊急事態宣言が解除され、子供たちが学校に戻ってきた。分散登校・短縮授業などまだまだ通常とは程遠い状況の学校も少なくないだろうが、これからが本番だ。では、新型コロナウイルス感染症と共に生きることになる学校や教員には、どんなことが求められるのだろうか。
「正しく恐れる」姿勢が重要
まず、確認しておくべきは、新型コロナは収束していないということだ。有効なワクチンが開発されるまで、程度の差はあっても、第2波、第3波の感染拡大は、これから必ず襲ってくる。もちろん、学校は感染防止に最善の努力を尽くしているだろうが、子供たちの感染リスクを「ゼロ」にすることは不可能だ。

必要なのは新型コロナの感染拡大を防止しながら、学校の教育活動を正常に続けることだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。