特例的な教育課程編成 指導計画の接続が鍵(工藤文三)

教育新聞論説委員 工藤 文三




周知のように、5月15日付けで、文科省は「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた学校教育活動等の実施における『学びの保障』の方向性等について」とする通知を発出した。通知の中で、今年度当初予定していた内容の指導を年度内に終えることが困難である場合の、「特例的な対応」「補完的な取組」として次の2点を挙げた。「次年度以降を見通した教育課程編成」と「学校の授業における学習活動の重点化」である。

ここでは、「次年度以降を見通した教育課程編成」について今後どのような点に留意して進めるか、整理してみたい。

通知には、特例的な対応は、今年度在籍している最終学年以外の児童生徒を対象とすること、「2021年度または22年度までの教育課程を見通して検討を」行うこと、また、「学習指導要領において指導する学年が規定されている内容を含め、次学年または次々学年に移して教育課程を編成する」としている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。