Withコロナの学校 子供の居場所を作る大切さ(中原淳)

立教大学教授 中原 淳




都内でも、教員のコロナ感染者が出始めている。教職員や児童生徒に感染者が出れば、学年や学校が休校となる。学校再開で通常ペースに戻りつつある学校も多いが、今はまだ平時ではなく「Withコロナ」であることを忘れてはいけない。いつ学校が再び休校に陥るのか分からない状況が続いているのだ。そしてそれは年単位でしばらく続く。

現在学校では、手洗いの徹底や校内の消毒作業などに細心の注意を払いながら、短く限られた時間を使って教科の履修を進めていると思う。小学生、中学生の親のひとりとして、教職員の皆さまに感謝申し上げたい。

夏休みや土曜登校日も使って、遅れた分を取り戻す計画を立てている学校も多いだろう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。