夏休みはOODAを試す好機 宿題はオンラインがいい(松田孝)

合同会社MAZDA Incredible Lab CEO・東京都小金井市立前原小学校前校長 松田 孝

求められるOODAでアジャイルな経営感覚
前回、「今こそ学校のリーダーが、OODAでアジャイルな経営感覚をもってさまざまに重なる通知や「学びの保障」総合対策パッケージに対峙(たいじ)すれば、今のコロナ禍の状況を、新しい「学び」の様式を描き出すチャンスに変えることができる。」と書いた(教育新聞電子版6月12日付)。

まさにO(Observe:観察)、O(Orient:方向付け)、D(Decide:決定)、A(Action:行動)のループを何度でも回して、先の読めない状況で結果を出していくこの意思決定手法(OODAループ)を試す好機がやってくる。夏休みだ。

今年度の夏休みは、例年と大きく違う。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。