携帯電話の持ち込み 学校や地域が判断すべきだ(藤川大祐)

千葉大学教育学部教授 藤川 大祐

国が決める必要性はあるのか
本紙7月13日付電子版で報じられているように、文科省の「学校における携帯電話の取扱い等に関する有識者会議」は、小中学校における児童生徒の携帯電話持ち込みを条件付きで容認する方針を示した。文科省はこの方針に基づき、学校における携帯電話の取り扱いについて近く通知するとのことである。

学校への携帯電話持ち込みに関する議論は、2008年に当時の橋下徹大阪府知事が携帯電話持ち込み禁止の方針を出したことに端を発したものである。翌09年に文科省が、小中学校への携帯電話持ち込みを原則として禁止する通知を出し、全国的に小中学校への児童生徒による携帯電話持ち込みは基本的に禁止されることとなった。

その後、18年の大阪北部地震などを踏まえて大阪府教委が小中学校への携帯電話持ち込みを認める方針を発表し、今般の文科省有識者会議の議論に至ったものである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。