対面とオンラインのハイブリッド指導 文科省は本気だ(斎藤剛史)

教育ジャーナリスト 斎藤 剛史


新型コロナウイルスの感染拡大防止のための休校長期化は、全国の学校に大きな影響を及ぼした。学校がほぼ再開された現在、感染防止の取り組みに苦慮しながらも、学校現場は少しずつ元に戻ろうとしている。これに対して、文部科学省は、コロナ禍が収束した後の「ポストコロナ」の時代の学校教育の在り方の検討を始めた。そのテーマが「指導のハイブリッド化」だ。
オンライン授業は予想以上に早く到来する
コロナ禍による休校長期化で、オンライン授業が全国的に広がっている、とマスコミでも大きく報道され、オンライン実践校の取り組みが一般社会でも大きな注目を集めている。しかし、私立学校や一部のモデル校などを除いて、多くの公立学校関係者は「それは一体どこの話ですか」と内心思っているのが実情ではないか。学校が再開された今、児童生徒全員を通常登校させて、今まで通りの授業をしたいと、ほとんどの公立学校関係者は思っているに違いない。

また、政府はGIGAスクール構想を前倒しして、2020年度中に全国の小中学校で「1人1台端末」を実現することにしている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。