夏季休業後の学校再開 知徳体のバランスがとれた教育を(寺崎千秋)

教育新聞論説委員 寺崎 千秋

短い夏季休業でもリフレッシュを
今年の夏季休業日は10日前後から2~3週間程度の期間が多いようだ。本来であれば夏季休業日は学校から家庭に生活の中心が移り、子供たちは学校で学んだことを生かしながら家庭での自律的な生活づくりを進める。

普段経験できない、家族旅行、自然体験、社会体験などを体験する。あるいは自由研究に取り組む。そしてリフレッシュして学校生活に戻っていく。今年はどうだろうか。短い期間、家庭でも新しい生活様式や移動制限が求められている。家族で休みを楽しんでいるだろうか。ぜひ楽しみ、リフレッシュしてほしい。終われば長い長い学校生活が待っているから。
教職員は休めているか
教職員はどうだろう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。