わいせつ教員と免許法 3年で再取得の見直しを急げ(細谷美明)

教育新聞論説委員 細谷 美明

性犯罪に遭った児童数は10年で4倍に
最近の教員によるわいせつ行為などの増加状況を受け、萩生田光一文科相が、懲戒免職処分を受けても3年が経過すれば免許状を再取得できる現行の教育職員免許法を改正する準備を進めていると、衆議院文部科学委員会で述べた、と7月22日付本紙電子版で報道された。

現行法の改正について、筆者は1月23日付本紙電子版のオピニオンにおいて触れ、改正に向けた早急の対応が必要との見解を示した。今回は、同法の改正以外に必要な法整備について述べてみたい。

性犯罪、特に子供をターゲットとする性犯罪は年々増加の傾向にある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。