ポストコロナの学校教育 問われる課題対応力(工藤文三)

教育新聞論説委員 工藤 文三

学びの基盤としての家庭の経済状態
コロナ禍がいつまで続くか予断を許さない状況が続いている。一方、ポストコロナの社会や生き方を論じる書籍も見られるようになった。ポストコロナの学校教育の姿について考えてみたい。

7月に厚生労働省が公表した国民生活調査によると、2018年の子供の貧困率は13.5%で約7人に1人が相対的貧困の状態にあることが分かった。子供がいる現役世帯のうち、大人が2人以上の世帯では子供の貧困率は10.7%であるのに対して、大人が1人の世帯では48.1%となっている。いかに1人親家庭の収入が相対的に低いかが分かる。

一方、今回のコロナ禍において、飲食店や宿泊業の中には倒産する事業者も増えている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。