なくなった教育実習 オンライン教育の「てこ」に(鈴木崇弘)

城西国際大学大学院研究科長・特任教授 鈴木 崇弘

本当にやむを得ない?
教育実習について文科省は8月11日、今年度は実習生の受け入れが困難な学校が少なからずあることが見込まれるとして、なしでも教育免許の取得を認めるとした(電子版で同日既報「今年度に限り教育実習なしも容認 受け入れ困難で特例」)。コロナ禍が「日常化」する中で、感染を抑制するためには、やむを得ないように思えるかもしれない。

だが、本当にそうだろうか。学ぶことと教えることには相互補完性があるが、その一方だけで他方が理解できる、対応可能かというと、必ずしもそうではない。

また、教員志望者にとって、実際に教育現場で教えるのは、非常に貴重な体験のはずだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。