学びの保障とアップデート 楽観的な現実主義者であれ(中原淳)

立教大学教授 中原 淳

パンデミックは加速している
私たちはどういう時代を生きているのか。コロナ禍の中で、時代認識が問われている。まずコロナ対策は、「短距離走」ではなく「長距離走」になることを覚悟すべきである。

毎日ジョンズ・ホプキンス大学の統計データをチェックしているが、パンデミックは、世界規模では終息するどころかまだ加速している。ワクチンの開発も進められているとはいえ、あと2年ほどは何らかの影響が残るだろう。2022年当たりをめどに事業継続計画を立てている企業も少なくない。

ウイルスは感染しても、高齢者などを除けば、直ちに死亡の「危機」につながるわけではない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。