戦後75年の節目 平和を願う心をつなぎたい(寺崎千秋)

教育新聞論説委員 寺崎 千秋

戦争の記憶を継承する
今年は戦後75年の節目の年。新聞をはじめマスコミで節目にふさわしい記事やニュースなどが多く報道されていた。特に目を引いたのが、戦争の悲劇や悲惨の記憶とその伝承に関する危機感であった。人々の記憶の薄れ、伝承する語り部の高齢化などである。

この節目を機会に、改めて戦争の悲劇や悲惨の記憶の伝承、平和の尊さとこれを守ることの大切さを社会の中で継承していくことが重要であり、学校教育はその出発点となり継続の推進を担うことを考えてみるべきではないか。
一人一人が自覚し伝え、語り合う
8月15日の戦没者追悼式において、大島理森衆議院議長は「戦争を直接体験された方々から学び、過去を省みて、未来へ永く語り継いでいくことは、再び戦争の悲惨を繰り返さないためにも、極めて重要であります」と述べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。