新政権の課題 思考力重視の教育には手厚い指導体制が必要(斎藤剛史)

教育ジャーナリスト 斎藤 剛史


安倍晋三首相が8月28日に健康問題を理由に辞任を表明、9月16日には菅義偉氏が第99代首相に就任し、文部科学相には萩生田光一氏が再任された。新政権における教育改革の課題は何だろうか。
安倍政権の教育再生
安倍政権は、2006年9月から翌年9月までの第1次政権、民主党政権などを挟んで誕生した2012年12月からの第2次政権から成り、安倍首相は通算在任期間、連続在任期間共に憲政史上最長を記録した。その安倍政権を振り返れば、ともかく長かったということに尽きる。第2次政権だけでも7年8カ月にも及ぶ。

安倍政権の評価について、一般社会やマスコミの関心は「アベノミクス」など経済問題に集中しているが、教育問題を無視することはできない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。