「読書週間」 読書の広がり深まりを求めて(寺崎千秋)

教育新聞論説委員 寺崎 千秋

ますます本が好きになるように
10月27日から11月9日までの2週間が読書週間になっている。「子供たちに良書を正しく読む習慣を身に付けさせ、読書生活を向上させる」ことが目的である。各学校ではどのような取り組みが計画されているのだろうか。

読書の意義や必要性は昔からさまざまに言われ、誰もがその価値や必要性を認めてきた。しかし、ゲームやスマホなどの出現、子供たちの家庭や地域での生活の変化などにより子供たちの読書離れが進んでいることが指摘され、読解力の低下などからも読書の重要性が再確認されている。

学習指導要領でも読書について「自主的、自発的な読書活動の充実」を重視し、そのために「学校図書館を計画的に利用しその機能の活用を図る」こと、さらには「地域の図書館の活用を積極的に図る」ことも求めている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。