非同期型オンラインによる自学と振り返りで自己調整の力を育め(松田孝)

合同会社MAZDA Incredible Lab CEO・東京都小金井市立前原小学校前校長 松田 孝

今、中教審が熱い
令和の日本型教育の構築に向けて、中教審初等中等教育分科会に設置された「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」が9月28日、答申に向けた「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して(中間まとめ(案))」(以下、中間まとめ案)を公表した。

中間まとめ案は、Society5.0の社会を生きる子供たちにふさわしい教育の在り方を、確かな時代認識をもって現状の丁寧な把握と分析によって、そのサブタイトルである「全ての子供たちの可能性を引き出す、個別最適な学びと、協働的な学びの実現」に向けた、まさにグランドデザインを描き出そうとしている。
学校現場に突き付けた課題
中間まとめ案は学校現場に、子供と直接に対峙する教育の最前線にしか解決できない課題、「遠隔・オンライン教育を含むICTを活用した学びの在り方」(各論6)を具体的な授業実践モデルとして構築することを求めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。