「令和の日本型学校教育」に漂う昭和感(妹尾昌俊)

教育研究家、学校業務改善アドバイザー 妹尾 昌俊

「令和の日本型学校教育」の構築?
先日10月7日に中教審から「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して 中間まとめ」が公表された。幼児教育から高校教育、特別支援教育なども含む、非常に幅広い重要な提案だ。

委員や文科省などの多大な尽力には敬意を払いたいが、一方で、気になる点もある。分量が多く、テーマも多岐にわたるためか、批判的に検討している報道などは少ないように感じるが、大丈夫だろうか。

一言で申し上げると、「令和の日本型学校教育」と銘打ってはいるものの、基本的な発想や問題を昭和あるいは平成の時代から引きずっていると思われる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。