コロナ禍で変わる中国の留学 日本にとっては好機に(鈴木崇弘)

城西国際大学大学院研究科長・特任教授 鈴木 崇弘

中国人にとっての留学
世界の留学生総数は現在約530万人。日本にも30万人超の留学生がいる。うち中国人留学生は、全世界で約160万人、米国で約41万人(今年7月)、日本でも約12万5千人(昨年)がおり、大きな割合を占め、その動向は世界の「留学生市場」に大きな影響を与えている。

中国人にとって留学は、中国国内での戸籍取得などの優遇や、金銭的支援など、さまざまな優遇政策を得られる可能性が高まり、国内での居住移動やキャリア向上などに直結する重要な機会になる。なお、中国での留学経験者は「海亀族」と呼ばれている。
米国の厳しい対応
このような中、米国政府は今年、中国人留学生らに対して、次のような厳しい対応や政策を取り始めている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。