人権教育 指導の継続・深化を目指せ(寺崎千秋)

教育新聞論説委員 寺崎 千秋

人権週間・人権の日

12月4日から10日まで人権週間であり、10日が人権デーとなっている。12月10日は1948年に「世界人権宣言」が第3回国連総会で採択された日である。その第1条には「すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利について平等である。人間は理性と良心を授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない」とある。

以来70年を越えたが人権問題は相変わらず大きな課題であり続け、コロナ禍においても新たな課題が生じている。これまでの人権教育を見直して一層重視し充実させる必要がある。人権週間・人権の日を前に改めて日常生活、学校生活での人権に関わる諸課題を見つめ直し、自校の人権教育の取り組みの充実を図るときである。
人権課題に目を向けよう

2000年に「人権教育及び人権啓発の推進に関する法律」が施行され、この法律に基づいて「人権教育・啓発に関する基本計画」が閣議決定されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。