教育現場の大変化 2020年はTPCK元年になる(中原淳)

立教大学教授 中原 淳


小中学生に学習用者端末を1人1台使えるようにするGIGAスクール構想が進んでいる。今年度中に全ての子供たちに行き渡るかどうかは分からないが、教育現場は、新しいテクノロジーを前提に、教え方に関する知識を蓄え、体験を積んで、スキルを高めなければならない。この大変化について「2020年はTPCK元年だった」と後々言われるようになるかもしれない。TPCKとは「Technological Pedagogical Content Knowledge」つまり「テクノロジーを使いこなして教えることに関する知識」という意味だ。
教科内容の知識と教育技術だけでは足りない

そもそも先生はなぜ教えることができるのか。まずは教える内容に関する知識を持っていなければならない。それが「Content Knowledge」(CK)。数学なら数式だとか、社会ならば歴史とか地理とか、個別の教科内容に関する知識がこれに当たる。ただ、先生として教えるためには、そういう知識だけでは足りなくて「Pedagogical Knowledge」(PK=教え方に関する知識)が必要になってくる。「What」と「How」と言えば理解しやすいかもしれない。何(What)を教えるかがCK、どうやって(How)教えるかがPK。CKだけがいくらたくさんあっても、それを分かりやすく伝えられなければ、授業にならない。先生には、両方の知識が絶対に必要になる。

例えば、子供たちに足し算や引き算を教えるときに、クラスの全員に立つように指示して、それぞれのグループに「3人増えたら何人」、「2人いなくなったら何人」というように、身体の動きを通じて考えさせる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。