2020年を振り返る 学校不信は挽回できるか(妹尾昌俊)

教育研究家、学校業務改善アドバイザー 妹尾 昌俊

2020年を振り返る

早いもので、2020年もあとわずか。読者のみなさんにとって、どんな1年だっただろうか。知人の校長先生らに聞いてみると、新型コロナウイルスの影響で、「40年近い教職経験の中で、こんなことはなかったということが立て続けに起きた」と言う方もいる。大変な日々の中で尽力された教育関係者は多いと思う。

さて、暦が変わると心機一転する側面はあるが、2020年(コロナ後)も2019年(コロナ前)と連続している部分もある。同様に、2021年も今年と連続する部分もある。多くの人は忘れかけているかもしれないが、1年数カ月前はテレビでもネットでも大騒ぎだったことがある。

神戸の東須磨小学校での教員間暴力事件である。全国2万校近くある小学校のうちの1校で起きたことなので、これをもって全国的にそうだとは言えないわけだが、少なからず、保護者や世間の人は、「学校の先生、大丈夫か」と思ったことだろう。

ちょうど同じ頃、教員採用試験の倍率低下が各地で起こり、2倍を切るところも出るなどして、教員の質を不安視する論調も見られた。

つまり、教師不信、学校不信が高まったのではないか。日本経済新聞社の世論調査(2019年)によると、「日本の組織・団体を信頼できる?」との質問に、「信頼できない」として教師を挙げた回答は27%で、信頼できない「組織・団体」として3位にランクした。国会議員46%、マスコミ46%よりはマシだが(日本経済新聞2020年1月10日)。

さて、問題はこの動きが2020年にはどうなったか、である。

臨時休校の3カ月間で何が起きたか

3カ月近い休校(臨時休業)とニューノーマルの中での学校再開を経験して、多くの教職員や保護者らは、学校の役割や存在意義を見つめなおすこととなった。

私も保護者の一人としては、率直に申し上げて、学校がある、ありがたさを痛感している。子供たちや家庭にもよるが、なかなか、家では子供たちの学習は思うようには進まない(ゲームや娯楽動画など消費的な生活が多くなりがち)。学校では勉強を教えてくれて、朝から夕方まで安全な環境で過ごすことができる。給食もおいしい。繰り返すが、親としては、学校は大変ありがたい存在だ。

と同時に、かなりの数の保護者が休校中の学校の対応には失望したのではないか。大量の学習プリントを渡されて、「あとはご家庭で見てください」と言われても、困った家庭は多かった。5月には保護者の有志が東京23区のオンライン学習(双方向性のあるオンライン授業やホームルーム)の先行事例を一覧にしたり、進捗(しんちょく)度合いをマップ化したりした。

東京だけでなく、学校や教育委員会の動きが遅いことに危機感を募らせた保護者らは少なくなかっただろう。私が5月に保護者向けにアンケート調査をしたところ、「休校中の学校からのコミュニケーションや働き掛けが少なく(または満足できるものではなく)、信頼感が下がった」という割合は、公立小中学校の保護者の約半数に上った。SNSを通じて呼び掛けたものなので、サンプリングにはバイアスが強く働いている可能性はあるが、仮に話半分で2割強がそう回答したとしても、私としては心配する数字だ。

学校や教師には、不信と期待が相半ばしている

ところが、学校再開後、今日までの動きを見ていても、学校や教育行政の動きは鈍いままで、危機感は薄いように思う。例えば、休校中、学校と児童生徒、保護者との間のコミュニケーション手段がほとんどなく、一斉配信メールとプリント、学校HPでの掲載くらいで、双方向性のあるものはほぼ皆無だったところは多かった。にもかかわらず、いまもそのままという地域は多いのではないだろうか。

問題はICT活用だけではない。肝心の授業の中身はアップデートされているだろうか。「学校は保育所でも託児所でもない。教育機関だ」。そう多くの先生たちは言う。ならば、教育のプロとして授業づくりや自己研さんは十分に行えているだろうか。GIGAスクール構想で端末が整備されても、中身のある授業の中で活用されなければ、「活動あって学びなし」に近い状態となるだろう。

学校不信、教師不信と、学校、教師への期待。これが同居しているのが、今日の状況ではないだろうか。米国の哲学者ドナルド・ショーンの「reflective practitioner(省察的実践者)」を持ち出すまでもないかもしれないが、2020年をしっかり振り返り、やるべきことは行動に移したい。


関連

あなたへのお薦め

 
特集