グローバルを再定義せよ 多様性を前向きに受け止めたい(ウスビ・サコ)



原点を問い直す。これが2021年のキーワードになるような気がしている。

コロナ禍に振り回された昨年だったが、それは同時に、少し立ち止まって、方向を修正したりするチャンスでもあった。人間はどうあるべきなのか、ということを改めて見つめ直す機会になった。苦境であったのも間違いないが、そこは素直に受け止めてもいいはずだ。

消費を中心にした社会では、どうやったらものが早く安く手に入るかという、便利さだけが問われがちだった。でもコロナ禍による不便さを味わう中でも、私たちはなんらかの新しい価値を見いだすことができた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。