2021年の展望 ICTの視点から教育の再構築を(鈴木崇弘)

城西国際大学大学院研究科長・特任教授 鈴木 崇弘

対面授業の成功体験が手かせ足かせに

コロナに明け、コロナに終わった昨年。全国一斉休校に追い込まれたこともあり、多くの学校と教員のさまざまな努力で若干の変化はあったものの、結果として、オンライン教育をはじめとするICT教育に大きく切り替わることはなかった。

これは、画一的だが効率よく人材を育てて、第2次世界大戦後の日本の発展を支えた「対面授業中心の教育の成功体験」が、変化に対しての手かせ足かせになったからだろう。

日本には教育行政、教育現場はもちろん、家庭のレベルでも、「教育は対面がベスト」という意識が今も根強くある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。