「令和の日本型学校教育」答申が示した画期と限界(妹尾昌俊)

教育研究家、学校業務改善アドバイザー 妹尾 昌俊

「個別最適な学び」に本格的なエンジン

1月26日に「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して」という答申が中央教育審議会から出ました。皆さんは、お読みになりましたか。100ページ近い分量で、かなり大変ですが、重要なことがたくさん盛り込まれています。

私なりにざっくり解釈するなら、本答申の画期的なところの一つは、児童生徒がみんな同じような内容を、同じペースで、同じ場所(教室)で学んでいた普段の授業について、そういう方法ばかりではなく、もっと個に応じたものにしていこう、多様化していこうとしている点です。

もちろん、いまの新学習指導要領でも似たことは書かれていますので、本答申がこれまでと180度違っているというわけではありません。さまざまな修飾語で「お化粧」はしていますが(典型的には「個別最適な学び」)、「すっぴん」(=本質的な理念や方向性)には大きな変更はない、と捉えたほうがよいと私は思います。一部の識者もそう捉えています(『教職研修』21年1月号など)。

とはいえ、今般のコロナ禍での学びを直視したとき、個別最適な学びにしていくことに本格的にエンジンがかかったのだと思います。ICT活用を当たり前にする、とも書いています。この答申を受けた教育委員会や学校が本気で動きだそうとしているかどうかは、分かりませんが。

プロダクトアウトの教育を変えられるか

ビジネスの世界でも古くから言われていることとして、「プロダクトアウト」と「マーケットイン」という区別があります。プロダクトアウトとは、企業がよい商品(サービス)に違いないと思って送り出すことで、作り手の論理を優先させます。一方、マーケットインあるいはカスタマーインとは、顧客のニーズや欲求を踏まえて、商品(サービス)を作っていくことです。朝専用の缶コーヒーは、忙しいビジネスマンらのニーズを捉えた、マーケットインの典型例とされています。

ただし、どちらも一長一短ですし、両者には融合的なところもあります。

さて、国際的にも日本の義務教育の質、教師の指導力などは高く評価されているそうですが、これまでの教師の役割は、教科書などに載っている世の中の知見を、つまり良質なものを、なるべく分かりやすく効果的に児童生徒に伝える、デリバリーするというものに重点が置かれていました。プロダクトアウトに近い発想です。

しかし、実際には、教師がよいと思った指導方法や学習方法、あるいは進度でも、児童生徒の能力や特性は多様ですから、合う子もいれば、合わない子も出てきます。あるいは、教科書の内容、さらには教師の知っていることなどを越えた発展的な探究をしていく子もいていいわけですよね。一人一台端末と高速インターネット回線があれば、容易に世界中の知見や人にアクセスできるようになりますし。

一人一人違う子を違った方法で励ましたり、支援したりするのが教師の役割として大きくなりつつあります。これはマーケットイン、カスタマーインに近い発想だと思います。

以上の説明は私なりの理解で、中教審の答申でそう明確に述べているわけではありません。ですが、こう解釈した方が分かりやすくないでしょうか。

問題は、学校の先生方、そして教育行政、さらには保護者らの基本的な考え方、指導観、教育観などを大きくシフトしていく必要があるかもしれない局面にある、ということです。ですが、例えば、休校中に大量の一律の宿題プリントをほぼ家庭に丸投げだったことなどは、まったくカスタマーイン、子供たちを起点とした発想ではありませんでした。GIGAスクール構想で端末が整備されても、あれはするな、これはするなと禁止事項ばかりが多い学校も、学習の個性化の可能性を自らつぶしていっているようなものです。

10月15日付本紙電子版に私は「『令和の日本型学校教育』に漂う昭和感」と題して批判的に考察しましたが、このときの危惧はいまも変わりません。答申あるいはおそらく文科省に決定的に欠けているのは、これまでがうまくいっていないとすれば、それはなぜなのかという反省であり、振り返りです。そこを飛ばすと、看板の掛け替えか看板倒れになりかねません。


関連