学校に来ることの意義 軽く見過ぎていないか(喜名朝博)

東京都江東区立明治小学校統括校長、全国連合小学校長会顧問 喜名朝博

「出席停止」は子どもの権利を奪うもの

 コロナ禍にあって、子ども本人や家族が罹患(りかん)したり濃厚接触者になったりした場合だけでなく、発熱などによる予防的欠席や同居家族への感染防止のための欠席についても出席停止・忌引き等として扱われている。この出席停止という言葉のイメージがよくないという指摘を受け、文科省は設置者の判断で指導要録上の名称を変更しても構わないという見解を通知した。

 出席停止の考え方は、子どもが学校に来る、登校するということが前提となっている。GIGAスクール構想が進み、出席停止の子どもたちもオンラインで自宅から授業を受けられるようになった。保護者や識者の中には、授業に参加しているのだから出席扱いにすべきだとする声もある。このオンライン活用について文科省は、学習履歴として指導要録に記載するための様式を示したが、出席扱いとすることは認めていない。

 そもそも、学校保健安全法等による出席停止は、感染症の罹患や疑い、または、その可能性のある子どもの保護者に対して、校長が指示するものである。昨今、保護者の方から「出席停止でお願いします」という声を聞くようになり、学校に来る、出席するという行為が軽くなってしまったような気がしてならない。

 学校教育法によるものも含め、出席停止は保護者の教育を受けさせる義務と子どもの教育を受ける権利を奪うものであり、もっと慎重に扱われなければならない。

コロナ禍で広がる保護者との乖離

 登校しなくても何らかの形で授業を受ければ「出席」とすべきという考え方の背景には、学校は教科を中心とした授業を行うところ、勉強さえできればよいのだという思い込みがある。中学校へのつなぎとして卒業証書さえもらえればいいと言い切る保護者もいる。

 コロナによる臨時休校明け、学校は学習内容の取り戻しに必死になったが、それは比較的容易なことであった。一方、子どもたち同士が同じ経験をしたり、自分たちで考え、企画し、運営したりする特別活動、特に学校行事を通して培われる力を取り戻すことはできなかった。子どもたちには、その時々に経験しなければならないことがあり、後からまとめて取り戻すことは不可能なのである。

 コロナ禍でますますその存在意義の重さを実感した学校と、学校の存在を軽く見る保護者との乖離(かいり)が広がっている。その原因の一端は学校や教育行政にもあるのではないかと考える。ことさらに学力向上をうたい、全国学力・学習状況調査で順位付けをするなど、学校教育は学力を最優先にしているように見えてしまっているのだ。未来社会を生き抜くための資質・能力とは、テストで測れるものばかりではないことを、もっと社会に知らしめるべきではないか。

「人は人によって人となる」

 哲学者カントは「人は人によりてのみ人となり得べし、人より教育の結果を取り除けば無とならん」と語ったという。学校は、子ども同士が学び合い、子どもと教師が触れ合うことを通して学ぶ場である。このことは、どんなにAI技術が進歩し、新たな学び方が導入されても変わってはいけないことだ。

 教育基本法に示されている義務教育の目的は、「個人の能力を伸ばす」「社会で自立的に生きる基礎を培う」「国家・社会の形成者として必要な基本的な資質を養う」の3点である。「個人の能力を伸ばす」を知識・技能に限定すればオンラインでも可能かもしれない。しかし、自立の基礎や社会の形成者としての基本的な資質は、人と人の関わりの中でしか育たない。

 学校に来る意味は、他者との直接的な関わりを通して社会性が育まれることである。教師を含め誰かが直接子どもに教えることよりも、その過程における子ども同士の関わりによって「学び」はより豊かになっていくのである。

多様性を保障する学校へ

 年々増え続ける不登校の子どもたち。その原因として、学校という仕組みそのものになじめない子どもの増加が指摘されている。集団で集うことにつらさを感じる子ども、教室で一斉に授業を受けることが苦痛な子どもなど、不登校の子どもたちの質的変化が著しい。

 今年1月の中教審答申で指摘された、学校に内在する同調圧力や正解主義といった体質が、子どもたちを苦しめてきたことも事実である。学校の在り方、システムそのものを問い直すべき時期にきているが、それ以前に学校の体質改善が必要だ。

 多様性の時代にあって、画一性こそリスクだと言われている。令和の日本型学校教育の構築とは、多様性への対応であり、その取り組みによって、これからの学校の在り方が見えてくるはずである。

あなたへのお薦め

 
特集