いじめについて改めて考える~防止対策推進法3年目を迎え~

いじめ防止対策推進法施行から3年。10月27日に公表された文科省の平成27年度児童生徒問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査の結果(速報値)では、いじめの認知件数は全国で約22万件と過去最高となった。同法が見直しの時機を迎えたいま、同法の現状と課題を考えるシンポジウムが開かれたほか、同省の有識者会議が情報共有義務化などの提言を提出。有識者の声と合わせ、同法をめぐるニュースをまとめた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。