分析 国際学習到達度調査(PISA)2015

OECDが12月6日に公表した、2015年実施の国際学習到達度調査(PISA2015)の結果、日本は、科学的リテラシーと数学的リテラシーは好成績を維持した一方で、読解力は前回調査(PISA2012)よりも低かった。今調査では、科学的リテラシーが重点分野とされた。数学的リテラシーと読解力を合わせて、どのような問題が出されたか、子供たちの関心や前回調査からどのような変化があったかなどをまとめた。PISA2015に参加したのは、OECD加盟35カ国を含む72カ国・地域。参加国の順位は、OECDと全参加国の別に集計されている。またPISA2012では、OECD34カ国、全体では65カ国・地域が参加している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。