SCとしての配置も検討 公認心理師への期待と課題

 平成27年に法が成立して誕生した「公認心理師」だが、一部を除く施行までに、まだ数カ月かかる。難産の末に生まれ、養成カリキュラムや資格試験の内容などは、まだ検討中だ。社会全般、教育界への認知度もいまひとつの感がある。一方で、スクールカウンセラー(SC)として配置するための議論が、厚労省で開かれた「公認心理師カリキュラム等検討会」で行われている。チーム学校の中で重要な役割を果たす一員として期待は高まり、SC不足を解消する策としても望まれる公認心理師だが、課題は多い。この辺の状況を探った――。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。