「きざみのりは盲点だった」 中村明子東京医科大学兼任教授に聞く

東京都の立川市立小学校で、集団食中毒が起きた。学校給食での食中毒は減少傾向にあるが、学校給食の衛生管理に詳しい中村明子東京医科大学兼任教授は「きざみのりにノロウイルスが付着していたのは、盲点だった」と話す。中村教授に、今後取るべき対策などを聞いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。