カリキュラム改革に踏み出す 世界の視点から学習指導要領案を読む

2月14日に公表された学習指導要領案について、第8期中教審教育課程部会総則・評価特別部会委員の鈴木秀幸静岡県立袋井高校教諭に論説してもらった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。