「原発いじめ」を問う 神田外語大学客員教授 嶋崎政男

「福島へ帰れ」「放射能がうつるから来ないで」「お前らのせいで原発が爆発したんだ」――。福島県から避難している児童生徒へのいじめが、平成28年度には129件あった。その実態が、文科省のフォローアップ調査で明らかになった。「原発いじめ」はなぜ起きるのか。どうすれば防げるのか。問題点と防止策を、嶋崎政男神田外語大学客員教授が考察した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。