教員は学習随伴者 ドイツの先端教育事例(下)

南西ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州では、中等教育段階(5学年から)にGMS(ゲマインシャフトシューレ=社会的な学校)が急増している。2016/17年現在、304校を数える。初等学校を除く学校数が約1600校であるので、GMSは無視できない規模である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。