“天才”のいる学級の経営 藤井四段の担任教諭に聞く

もし“天才”の担任になったら、どう接し、どうサポートし、生徒指導や学習指導をどうしていくのか――。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。