移行期間になすべきこと ━ 新学習指導要領実施に向け ③

小学校の次期学習指導要領の移行措置が示された。平成30・31年度の移行期間中は、「円滑な移行ができるよう内容を一部加えるなどの特例を設ける」「指導内容の移行がないなどの教科書の対応を要しない場合は、積極的に新学習指導要領による取り組みができる」とし、特に「知識及び技能」「思考力、判断力、表現力等」「学びに向かう力、人間性等」の、バランスのよい育成を目指す新学習指導要領の趣旨を、十分に踏まえた指導を基本方針としている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。