移行期間になすべきことー新学習指導要領実施に向け(5)

移行措置によると、社会科においては、現行の学習指導要領によらず、全部または一部について新学習指導要領に基づいて指導できるようになっている。各学校は、移行期の社会科を現行学習指導要領に基づいて実践するのか、新学習指導要領によるのか。新学習指導要領の規定による場合、完全に移行するのか、一部に留めるのかをまず意思決定する必要がある。それによって、今から準備すべきことが違ってくる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。