詳報 学校の働き方改革中間まとめ

12月22日の第114回中教審総会で承認された「学校の働き方改革」中間まとめは、複雑化・多様化する学校の課題に対し、従来の日本型学校教育が限界を迎えていると指摘。教員の長時間労働の是正や、持続可能な勤務環境の整備に向けた具体的な方策を提言した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。