新年特別対談「展望2018」

2017年は新学習指導要領の告示、働き方改革の本格的な議論開始など、学校と教員を取り巻く状況の大きな変化が始まった年だった。18年は小・中学校とも4月1日から新学習指導要領の移行期間となるなど、その変化はより加速する。「教育改革」「学校の働き方改革」などの諸課題に、現場はどう取り組むか。全日本中学校長会の直田益明会長と全国連合小学校長会の種村明頼会長が対談し、18年の展望を語り合った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。