分析 英語プレテスト 問題の構成とねらい

大学入学共通テスト(共通テスト)の導入に向けて、2月13日から3月3日にかけて実施された英語の試行調査(プレテスト)では、全国の協力校158校で、リーディング(筆記)とリスニングが行われた。いずれの問題もマーク式で行われ、ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)を参考に、A1~B1までの各段階で求められる力を問う問題で構成され、実際のコミュニケーションを想定した場面や目的、状況の設定を重視している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。